30代で外資への転職を成功させるには

xf0635071280l

1.外資への転職を考える人が増えている背景

 最近なにかと外資への転職の話しを、耳にする機会があります。外資系企業は随分と昔から日本にも存在していますが、日本の終身雇用制度や年功序列制度が崩壊したことと、日系企業が以前と比べて海外へ積極的に進出していることが、その背景にあると考えられます。つまり日系企業の特徴でもあった終身雇用や年功序列などの制度が崩壊したことで、それならば少しでも給与が高い外資へ転職をしたいと思っても、何ら不思議なことではありません。

 さらに日本の多くの企業が少子高齢化が進む、国内の市場に見切りをつけて海外へ積極的に進出しています。そのため特に日系の製造業などは何時、工場が閉鎖されるか分かりません。その点では海外移転のリスクが少ない、外資への転職を考える人が増えるのも当然です。

2.外資へ転職するメリットとは

 外資系企業で働くメリットは日系企業と比べて、高い給与だけではありません。例えば外資では日系企業のように社内で上司が、部下を怒鳴り散らすような光景などまず目にしません。また日系企業のよう先輩や後輩などの上下関係や年功序列などなく、上司や部下であっても誰でもさんづけで呼ぶあうのが普通です。

 また外資では年齢や性別だけでなく学歴や、これまでの職歴などで何らかの差別をすることなどもありません。そのため女性の管理職の割合が日系企業と比べると、高いのも外資系企業の特徴の一つでしょう。性別に関係なく仕事で成果さえ上げれば、年齢や性別に関係なく昇給や昇進が約束されています。

3.30代で外資への転職を成功させるには

では30代の方が外資への転職を成功させるには、どうすれば良いのでしょうか?

●ひとことで外資への転職と言ってもさまざまなので、どんな外資へ転職したいのかを明確にする

●多くの外資の求人では応募書類も英文で面接も英語で行われるので、自身の英語力が通用するかを事前にチェックする

●もし英語力があまり自信がない場合は、英語力があまり求められていない求人情報を収集する

●求人情報の収集も外資系に強い転職サイトや、転職支援サービスを最大限に利用する

まとめ

 外資への転職する際には30代であろうと、年齢に関係なくその人の資質がかなり採用基準になってきます。また英語力をあまり問わない外資系企業もありますが、多くのところは応募書類も英文で面接も英語で行われます。そのためある程度の英語力は必須で、もし英文での書類や英語での面接に不安がある方は、転職サイトや転職支援サービスへの登録をお勧めします。

〔特集〕
30代の為の転職支援

未経験の40代転職
異業種?異職種?未経験分野への40代の転職。関連情報はこちら。

30代転職リミット説!?
チャンスは逃さない!30代の転職をサポートします。

20代が転職するための手順
20代の転職をはじめる前に見てみましょう